九段下で働く社長ブログ -東京事業用不動産事情-

事務所用・居住用物件の賃料・売買マーケットや諸々・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無責任なフリーレント記事にモノ申します

RSSを漁ってたら気になる記事があったのでちょっと。

ホントに家賃が半年もタダなの?! ただ今フリーレント物件増加中! all about 



アパートやマンションを借りる際にはフリーレント
(業界では「FR」と表記したりします)という数カ月間家賃を免除されるサービスがあって、皆さんそういう物件を狙いましょうね~!
という能天気な記事です。

私が能天気と断じる理由は一つ。
FR物件への入居リスクが全く言及されていないからです。

フリーレント自体は昔からある慣習で、
どちらかというと事業用物件に多く見られます。
最近のファンドの隆盛と共に賃貸住居にも見られるようになってきました。

しかし家賃免除をするにはその裏がある場合が多々あります。
典型的な事象は途中解約時免除金清算。
つまり契約期間中に解約して退去する場合には、
最初に免除した家賃数ヶ月分を払え!
というものですね。
この記事では全く記載していませんが要注意です。

あとそもそもが、FRが必要な物件というのは人気が無い、
つまりやっぱり家賃が高い場合が多いんですね。
賃貸仲介会社にFR有りまーす!なんて言われて浮かれて契約すると、
実はまわりの家賃より高い物件で、長く居ると結局は損した・・・とかいった事例は非常に多いです。

またそういうスキームを使う家主=多くはファンド系ですが、
入居後の賃料値上げを平気で行います。
ここについては私もビジネスとして非常に多く絡んでますので、
よく実態を知っていますが、入居者にとってはとてもリスキーです。

という訳で入居するなら普通の賃貸借条件の住居が一番ですよ・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://estater.blog19.fc2.com/tb.php/49-e2f17416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。