九段下で働く社長ブログ -東京事業用不動産事情-

事務所用・居住用物件の賃料・売買マーケットや諸々・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションを買いたい人へ

さて、プライベートで立て続けにマンション購入について相談をもらいました。
タイムリーに不動産経済研究所の発表が出たばかりなので一筆。

7月首都圏マンション発売戸数は前年比‐44.5%、契約率は53.5%=不動産経済研究所・・・ロイター

詳細は記事を読んで貰うとしまして、
資産価値云々の観点で云うならば、まだマンションは買いじゃないでしょう。
マクロ的な部分では、人口減少、建設・不動産業への政策的破綻誘導も続きますので、
価格下落余地があるのは明白です。

しかしながら当然マンションは国債や株と異なり、
自分の住家としての役割もあるので、買いたいとき=住みたいときに買う!
これこそが最高の選択でもある訳です。

ですので買いたいなら買っちゃえよ!というのが本来の話なのですが、
それでもいつか売るときに損したくないよ~とか、
来年にはもっと値下がりするかもしれないし~というのが人情でしょう。

という訳でマンションを買いたい・・・・けどどうしよ~?
このマンションは値段的にお買い得かな~どう思う?
なんて相談を受けたときには、私は以下のような質問をします。

◎そのマンションは駅から徒歩10分以内ですか?または急行(快速)停車駅ですか?
◎近所の同じような間取りのマンションの賃貸賃料と、あなたが払うローン+修繕積立と管理費はどっちが高いですか?もし賃料よりも購入による単月支払が高いのならばやめれば?

とっても単純な質問ですが、上記の質問はマンションの資産価値の下落余地と、
万一あなたがローンの支払いが厳しくなった時にでも賃貸に回して所有を継続できるかを判断する材料です。
駅から10分以上歩く、且つ周りのマンション賃料より毎月の支払の方が大きいのであれば、私は購入を勧めません。そんなマンションは都内の限られたプレミアムエリア以外では、不動産屋的な金勘定だけの観点でいうとカス物件です。

しかし前述したとおり、マンションは単なる資産ではなく住居であり、そこに住む事による生活を享受する事自体に金銭的なものを超えた価値があったりもします。
ですので逆にいうと、どんな価格であろうとそこに住みたいならやっぱり買ったほうが良いのです。

結論としては金融的資産価値を期待するなら、こんなの買うな!
期待しないなら買っちゃえ!
・・・と身も蓋もない回答になってしまうことが多いです(笑)
ん~でも、やっぱり私だったらまだ買いませんね~


スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://estater.blog19.fc2.com/tb.php/47-9f0b53a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未入居や「新古」マンションに注目 専門情報サイトにアクセス殺到

 発売1年以上たつ「新古」や新築後「未入居」といった、中古のマンションが脚光を浴びている。東京都心部を中心に新築のマンション価格がなかなか下がらないなかで、こうした「オトク感」のある情報を専門に提供するサイトにアクセスが殺到している。■完成済みで未入居

  • 2008/08/16(土) 19:43:09 |
  • 元祖ブログ検索ニュースBLOG

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。