九段下で働く社長ブログ -東京事業用不動産事情-

事務所用・居住用物件の賃料・売買マーケットや諸々・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築資材高騰と生コン偽装について

<羽田空港>拡張の工事費、数百億円増へ 資材価格高騰で・・・yahoo



今日のニュースで気になった件をひとつ。
これは昨今の資源価格高騰の影響で建築資材の価格も値上がりしているわけですが、
それが顕著に現われている例ですね。

一般的に「値上がり」と聞くと脊髄反射的に嫌だ!!と言ってしまいそうになるのが消費者の人情ですが、一概に反発するのではなく、場合によっては値上げの容認を行う方が良いケースってあると思うんです。無理に値上げを抑制しようとすると、かえって弊害が生まれるケースって少なくないのではないでしょうか。

なぜこんなことを今更申し上げるのかと言いますと、
つい先日の六会コンクリート社の生コン偽装問題が良い例だと感じるからです。
同社はエコがどうたらこうたら・・・苦しい言い訳をしているみたいですが、
要は彼らの偽装の根底にあるのはコスト圧縮な訳です。
おそらくクライアントからの受注獲得へのアドバンテージとして、
過剰な価格競争が常態化していたのではないでしょうか。
故に高騰する原価を価格転嫁できず今回のような悪事へと走った可能性は高いのではないでしょうか。

彼らが行ったことは到底許される事ではありませんし、
明確な悪事なのですが、では何故そんなことをせざるを得なかったのか、その背景検証をしっかりとしないと再発防止につながらない訳です。
現在のような資源高騰が著しい状況においては、場合によっては行政が企業に対して、ある程度政策的にその減損をカバーしていくような手段も検討するべきかもしれません。しわ寄せが今回のように生命や財産の危機を招くような事態を招く事だけは避けたいじゃないですか。
皆さんはどうお考えになりますか・・・?

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://estater.blog19.fc2.com/tb.php/35-3fcb0680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。