九段下で働く社長ブログ -東京事業用不動産事情-

事務所用・居住用物件の賃料・売買マーケットや諸々・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資(収益不動産投資)のレッスン④:良い物件って?前篇

こんばんわ!
仕事が忙しくて日が変わってしまいました!
これでも本業は不動産屋の社長なので、
忙しいのです・・・・

という訳で先週の続きです。
シミュレートした物件は結局投資するには厳しそうだな~という結論になったんでしたね。

じゃあ良い物件ってどんな物件なんでしょうか?
どうすれば良い物件って見つけられるのでしょうか?
物件を探すにはどんな方法があるのでしょうか?

その辺を今日から説明していきたいと思います。

ちょっと復習も兼ねていきましょう。
さて不動産投資において「良い」物件とはなんなのか?

これまで読んできてくれた方には、
なんとなくイメージが湧くのではないでしょうか。
なるべく家賃が沢山もらえて且つなるべく経費がかからない物件ですよね。
つまり投下資本に対しなるべく大きなリターンが望める物件です。

ただし選ぶに際し注意しなくてはいけないのは、
世間の物件情報にある利回りの殆どは、表面利回りで、
物件価格を収入だけで割戻した数字である事。
そこから支出を引いた数字で割戻さないと、
実際の利回りがわからない。
また賃料は保有を続けるほど将来低くなっていき、
支出は増えていくので、それを踏まえたシミュレートが必要である事。
借入を行った場合は金利の支払いも計算に入れる事・・・でしたね。

では実際にどれだけのリターンが見込める物件なら、
「良い」物件と呼べるのでしょうか。

私の経験からいうと現在世間一般では、
経費や金利を差し引いた実利回りが7%~ぐらいだと、
比較的お得な物件だという評価を得ているように感じます。

この利回りが高ければ高いほど、
また保有に際しての不測の事態=リスクが低いほど、
良い物件になる訳ですね。


もうちょっと行こうと思いましたが、
もう一時半になっちゃいました・・・・
では続きはまた明日に。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://estater.blog19.fc2.com/tb.php/27-5c6a9a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。