九段下で働く社長ブログ -東京事業用不動産事情-

事務所用・居住用物件の賃料・売買マーケットや諸々・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資(収益不動産投資)のレッスン~その②:本当に不動産投資っておいしいの?

①日本の不動産を取り巻く環境

さて、昨日書きました通り、
いざ不動産投資をやるぞ!
と気合を入れて物件を買えば誰でも儲けられるのかというと、
決してそうではありません。
むしろ過半数の投資家が、
それなりに真剣な検討を経て物件を購入したとしても損をするのではないでしょうか。
・・・・・・ドン引きですか?

そもそもネガティブ要因として、

金利は上昇傾向にある:つまり借入金の利払い額は膨張する傾向にあるという事ですね。

日本の出生率・総人口は下落トレンドにある:長い目でみると日本の住宅需要総数は減る可能性が高い、という事ですね。

要は借入をして不動産を購入した場合、
投資家が調達しなくてはいけないインカムは上昇するのに、
居住用不動産の需給関係は悪化傾向にある訳です。
これでは投資家が簡単に儲けられないのも当たり前だと思いませんか?

②じゃあどうすれば良いんでしょうか?


結論からいうと、限られた優良物件を奪い合うのか、
大したことない物件を実力行使で大した物件に変化させるしかないのです。

では次回はそのあたりを書きます。

スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://estater.blog19.fc2.com/tb.php/10-f077f65b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。