九段下で働く社長ブログ -東京事業用不動産事情-

事務所用・居住用物件の賃料・売買マーケットや諸々・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-REITは買いなのか否か・・・

現在一般の方に一番敷居の低い不動産投資(厳密には間接投資ですが)といえば、
J-REITでしょう。
ニューシティの一件もあり、
ことさら冷え込んでいる昨今ですが、
では日本株と同じように、
価格下落が激しい今こそが、逆に絶好の買い場なのでしょうか?

興味深い記事が二つあったので以下に。

J─REITに03年以来の相場到来、下値リスクは限定的=ゴールドマン・・・ロイター



岡三アセット、「Jリートファンド(SMA専用)」を10月31日設定・・・ロイター



詳細は記事をお読みいだだくとして、
どうやら機関投資家には「買い」との判断をしている方々もいるようです。

さて彼らの判断がについて、私ごときがどうこう言えませんが、
彼らの真意はともかく、その投資判断について、
一般投資家に誤解を与えかねない部分がありそうなのでちょっと気になる。

彼らだけではないが、J-REITに対して買いのポジションを示す投資家に概ね共通する主張は以下の通りである。

◎日本の都心部不動産の賃料下落リスクは限定的である(故に買いである)
◎さらに上記のインカム下落リスクを織り込んで尚割安な価格になっている。

ということなのであるが、
J-REIT存亡の勘所はそんなところには無いのではない。
マニアックな話をすると切りが無いので、
誤解を恐れず端的に言うが一番重要なのはファイナンスである。
ニューシティのポートフォリオ物件だけが賃料マーケットを読み違えていたのか?
数々のJ-REIT上場予備軍が頓挫したのは賃料が原因だったのか?
そもそも投資口価格の急激な下落は賃料が落ちたからなのか?

まったくもって違う。
すべてはファイナンスの問題が根底にある。
そこを良く理解せずに、投資口価格と想定配当だけを見て、
高利回り且つ安定的な投資対象だと誤解すると、
本当に痛い目に会いますよ?

そもそも証券化スキームのお得意様だった、
外銀レンダーが現在は機能しないのである。
右に倣えの邦銀もしばらくは然りである。
運用法人やスポンサーの時価総額も惨憺たる場合が殆ど。
現在のマーケットが内包するリスクをきちんと認識しないと、
本当に怖いと思うのは私だけでしょうか。

それでもなお興味があれば、
運用ポートフォリオの内容をよく確認し、
いける!と踏んだもののみに投資をすべきです。

じっくり吟味をすれば確かにゴールドマンの言うとおり、
投資先として優良なJ-REITもあるでしょう。
玉石混合、わかる人には面白い地合いなのかもしれませんね。



スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

最近ちょっと御無沙汰してしまいました。
非常に忙しくてついついです。

新井組が逝き、ニューシティが逝きました。
今日は大和生命が逝きましたね。
正直そろそろ私も焦りが出てます。

本日まで数多くのデベやゼネコン・ファンドが駄目になりましたが、
最近の某社の破綻でついに当社にも実害が発生しました・・・
当然まだ全くもって致命傷ではありませんが、
現在の負のスパイラルが少なくとも年内は収まる見込みが無い事を前提に考えると、
遅かれ早かれ当社にも当然もっと大きな打撃が来るでしょう。
全くの無傷で切り抜ける事は難しいかもしれません。

早急なビジネスポートフォリオの見直しを行っていますが、
マーケットの崩壊スピードに追い付けるのか、
非常に微妙ではあります・・・
が、何とかなるでしょう!(笑)
無駄に悲観してふさぎこんでもしょうがないですからね。

悪い話だけではなく、
破綻のどさくさのビジネスチャンスも多々ありますし!
楽しくやりたいと思います。

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。